レーシック 過矯正

目に大きな負担がかかる過矯正

必要以上に近視の矯正をしてしまった状態を「過矯正」と言います。そして、レーシック手術後に起こるトラブルの大半が、この 過矯正が原因と考えられています。

 

ところが、過矯正は、視力検査や屈折検査のデータには表れません。目には調節能力があるからで、データ上は正視や遠視と判断されてしまうのです。過矯正を見抜くには、他の視力との対比,視力1.5でも手元が見えるのか,ドライアイ,夜間視力,瞳孔反応,ウェーブスキャンなどから 推測していきます。

 

さて、過矯正は、恒常的に調節筋を酷使している状態です。つまり、目に大きな負担がかかっているわけで、近くが見えづらいなどの視力症状や局所症状が現れます。また、頭痛や吐き気などの全身症状を引き起こすこともあります。

 

さらに、無理に遠方視力だけを高めることにより、他の視力とのバランスが崩れて 見え方の質が著しく低下してしまうことさえあります。ですから、経験豊富な医師に診察してもらうことが大切と言えるでしょう。