レーシック 不同視

調節筋に大きな負担がかかる

左右の視力のバランスが崩れてしまった状態を「不同視」と言います。レーシック手術後のトラブルの一因で、優位眼よりも非優位眼に より強い矯正がかかることで起こります。

 

つまり、レーシック手術によって、効き目が逆転してしまったわけです。そして、優位眼は 本来は遠くを見る能力が高いですが、矯正が弱いと 遠くにピントが合わせられません。逆に、非優位眼は 本来は近くを見る能力が高いですが、矯正が強いと 近くにピントが合わせられないのです。結果、近くも遠くも見づらくなったり、距離感がつかめなかったりします。

 

また、崩れたバランスを元に戻そうとするため、調節筋にも大きな負担がかかります。こうして、目が疲れやすいとか 見えにくいといった症状が生じてしまうわけです。

 

ところが 不同視は、目の調節機能が働いているために、視力検査や屈折検査などのデータには表れません。また、症状が主観的なこともあり、見抜くのが容易ではないです。こうしたことから、レーシック手術後に、「なんとなく違和感を覚えるものの それが何のかはっきりと分からない」という 曖昧な状態に悩まされる人が多いようです。