レーシック ドライアイ

ドライアイになる期間はどれぐらい?

レーシックの合併症の一つに、ドライアイがあります。
合併症としては頻度が高いですが、人によっては まったくドライアイにならないこともあります。また、ドライアイであっても それを感じない人もいます。

 

ドライアイになった場合、改善するまでの期間には個人差があります。
多くの方は おおよそ1週間〜3カ月程度の間に改善しますが、半年や1年と長引く方もおられます。
いずれにしても、手術後は目の乾きに注意が必要です。保湿用の目薬をきちんと点眼しましょう。

 

ちなみに、術後のドライアイは、角膜の神経が一時的に切断されることで起こると考えられています。
そして、角膜の知覚が鈍くなり 瞬きをあまりしなくなるので、意識的に瞬きをするように指導されます。
角膜の神経は、半年〜1年程で修復されていきます。

デスクワークだけど疲れ目と視力の戻りは大丈夫?

仕事で一日中パソコンを使用している場合、レーシック手術を受けた後の疲れ目や視力の戻りを心配されることでしょう。

 

目が疲れないかについては、今までと変わらないか もしくは軽減されると考えられます。
なぜなら、メガネやコンタクトレンズは 疲れ目の原因となっていることがあるからです。

 

メガネは、レンズの中央では正しく矯正されますが、目を動かして中央からずれると誤差を生じます。これにより、目が疲れやすいのです。
また、コンタクトレンズも、ドライアイなどを引き起こして疲れ目の原因となることがあります。
ただし、年齢によっては1.5に矯正した場合、今よりも近くを見るための調整力が必要になり、逆に 目が疲れたり 疲れ目がひどくなることも考えられます。
目標視力は、年齢とライフスタイルを考慮して決めましょう。

 

近視に戻ってしまわないかについても、それほど心配はいりません。
手術前の視力に戻ってしまったケースは知りうる限りありませんし、5年間の経過観察でも 視力がほぼ安定していることが確認されているからです。
もし戻りが出てしまった場合には、角膜に安全な厚みがあれば追加の手術が可能です。

レーシック手術後に心配なドライアイと視力の戻りの実際関連ページ

レーシックのトラブルで最も多いのが過矯正
過矯正に注意を
不同視もトラブルの一因
老眼を考慮した矯正を