レーシック

マイクロケラトーム

マイクロケラトーム
角膜にフラップという薄い膜を作るための精密な小型カンナ。
マイクロケラトームには様々な種類があり、その多くはブレードを往復運動させてフラップを作るものです。

 

プリンターのインクヘッダーが往復しながら文字や画像を描いていくのを想像すると分かりやすいでしょう。
この直線の往復運動により、フラップに微細なスジが残り、ウォッシュボードエフェクトという夜間視力が低下する現象がまれに起こります。

 

この問題を解決したのが、イントラレース社でした。 → イントラレーシック(INTRA LASIK)

 

マーキング

フラップを作る前に、特殊なインクを使って眼にラインを描くこと。
フラップを元の位置に正確に戻すために必要な作業です。

クリニック選びは慎重に

レーシックは、すでに眼科医療として確立されています。そして、コンタクトレンズが合わなくて苦労したり 仕事で十分な裸眼視力が必要だったりする人の多くが、レーシック手術を受けています。

 

さて、安全性についてですが、十分な知識・経験・技術を持った医師が行えば 失明するような重大な事故はありえません。
ただ、手術前の検査や診察で 手術できるかどうかの適切な判断がなされなければ、不満足な結果や視力障害を起こす可能性はあります。

 

また、手術前の状況から予測される視力の回復の程度や合併症の可能性についての説明が不十分な場合にも、納得できないかもしれません。
さらに、手術後のフォローアップなどが適切でない場合にも、満足できないことでしょう。

 

そこで、クリニック選びが重要になってきます。まず、状態をきちんと判断するための高度な検査技術を持っている必要があります。
次に、手術は精密機器を使うので、トラブルがないよう それらのメンテナンスをしっかり行っていることも大切です。