レーシック 失敗

失敗の可能性は限りなくゼロに近い

レーシックにおいて現在、失明した例はありません
失敗の可能性は限りなくゼロに近いといってよいでしょう。しかし、手術を行うのは「人間」であるということを忘れてはなりません。

 

安全性が高い最新の機器を使っていても、それを扱うのは医師です。機械ではなく、医師が治療を行うのです。

 

レーシック治療を行う医師・病院が年々増えていますが、それだけに玉石混同しているのが現状です。
口コミ情報を見たり、実際に資料請求したりして、信頼できる医師・病院を見つけることが大切です。

 

情報公開も大切

レーシックに限ったことでなく、どのような医療にも言えることですが、良いクリニックというのは、過去のデータを公開しているものです。
また、メリットだけでなく デメリットやリスクについての説明もきちんとなされます。

 

さらに、患者さん個人の状態についても 分かりやすく説明します。
そして、患者さんが疑問に思っていることや不安を感じている点について全て、丁寧に明確に答えてくれます。

 

よって、積極的に情報公開がなされているクリニックを選ぶと、安心して手術できるのではないでしょうか。