レーシック 近視

眼が適応して新たな近視が発生することも・・・

近視に戻ることはありません。
ただ、裸眼で近くを長時間見続けたり、暗いところでの作業が多い環境にいると、眼が適応して新たな近視が発生することがあります。
レーシック手術後は、手の届く範囲のものを1時間以上見続ける作業をするときは、遠視のメガネをかけることを推奨します。
このように、レーシック手術後にも眼を酷使する人は注意が必要です。

 

レーシックを受けると、早く老眼になるの?

レーシック治療を受けることによって、老眼が早まるということはありません。
レーシックの治療対象は角膜ですが、老眼の原因となるのは水晶体の厚さを調整する毛様体の筋力低下です。
それに、治療の有無にかかわらず、年を取れば誰もが老眼になります。

医師との相性も大切

医療を受けるうえで大切なことは、医師とのコミュニケーションです。
そして、相性の良い・悪いは必ずあるもので、多くの人が「良い」と思っている人でも 自分は「合わない」と感じることはあります。

 

経験豊富で信頼できるクリニックや医師であっても 「合わない」と感じるようなら、他のクリニックを検討してみましょう。
医師とのコミュニケーションに疑問を感じている中で手術を受けると、満足のいく結果にならない可能性がありますからね。