Q&A 一覧

子供の遠視は早期発見が大切です。
もしも健診で視力低下を指摘されたり
本人が見えにくさを訴えてきたとき、
本を読んでいるときに寄り目になっているときはすぐに眼科を受診させましょう。

子供の目の機能は生まれてから徐々に発達し
10歳になるころにほぼ完成します。
この頃までに目に映った映像が刺激になり
網膜や視神経、脳が発達します。

つまり、10歳になるころまでにピントのあった映像が入ってこないと
成長は不完全なまま終わってしまいます。
近視の場合は近くの映像が入ってきますが
遠視の場合は全てがぼやけてしまいます。
つまり10歳までにぼんやりとした視界のままでいると
脳が映像を処理できなくなってしまうのです。
これが遠視性弱視で、眼鏡やコンタクトを使って矯正しても
脳が処理できないため、1.0の視力は得られなくなってしまいます。
オルソケラトロジーは眼鏡やコンタクトレンズ、近視手術と並ぶ
視力矯正方法の一つです。

オルソケラトロジーは矯正用のコンタクトレンズを装用して眠ります。
角膜はコンタクトレンズよりも柔らかいため寝ている間に
角膜のカーブにクセがつき、起きている間は裸眼で生活することができます。

しかし、夜間の装用をやめると目は元の状態に戻ります。
また、矯正度数の範囲が狭く、強い近視や乱視は矯正できません。
アレルギーやドライアイなどコンタクトレンズが使用できない人も
この方法を使うことができません。
眠っている間にレンズがズレてしまった場合にも
正しく矯正できないため面倒になってやめてしまう人もいます。

オルソケラトロジーは医療行為ですから
眼科専門医の指導の元、正しい方法で行わなければいけません。
RK手術は角膜に放射状の切れ込みを入れ
角膜の中央部の形を変えて近視を矯正する手術です。

この切れ込みを入れる数や深さは担当医の経験や
勘に頼ったもので、術後の角膜の強度が低下するという欠点がありました。
もちろんRKを行い視力が回復した方もいますが
安全性や精度が十分ではありませんでした。

こうした背景からRKを主に行っていたのは主に眼科以外の医師でした。
専門知識、技術の不足から不適切な手術が行わるというケースが
多数発生してしまったのです。

このことから「近視手術はすべて危険である」という
イメージが根強く残っているのかもしれません。

RK手術を受けた方で、近視が残っているときは
レーザーによる追加手術が可能なケースもあります。
信頼できるクリニックを受診してください。
アメリカでは1年間に100万人以上がレーザー手術で視力を回復しています。
この手術が始まってから十数年の間、レーザーの性質自体が
目に悪影響を与えたという報告はありません。
また、目以外の身体機能にも影響は見られません。

確かに手術が始まってから十数年しか経っていないため
これから20年後、50年後にも絶対に安全であると言い切ることはできません。
しかし、全世界の角膜の専門医が安全であると確信して
レーザー手術を行っています。

このレーザーはエキシマレーザーという特殊なレーザーで
網膜や角膜以外の部分にはダメージがなく
コンピューターで安全に制御されているので正確に角膜を削ることができます。

レーザーの技術自体には問題がなくても
人が機械を使って行う手術ですから事故が0であると言い切ることはできません。
しかしこれはどんな医療や手術でも同じことが言えるでしょう。

このページの上部へ