未分類 一覧

目元を整形している芸能人って誰??
ぶっちゃけとんでもなく多いんじゃないの??
って感じがしませんか??

年齢に関係なく~なんて言ったらきっときりがありません。
有名になってくると大抵名前が出てきますよね。
整形している芸能人的な感じで・・・。
売れてないころの写真とか、卒アルと現在を比較されていたりします。
中にはリアルに変わっている人もいますしね。

某有名アイドルグループのある女性(女の子)
の比較写真を見たときに目元はもちろんですが、
顎違いすぎ!!って言うのがありますしね・・・。
写真って残るから怖いですよね。

自然にそうなりました~じゃ済まない変化ですしね。
別に整形していても別に~っていう時代になってきているような感じがするんですけどね・・。
素顔美人さんで有れば確かに申し分ないとは思いますが、
どうなんですかね・・・

整形していたらダメとかそういう時代でもないですしね。
ネットとかで騒がれるほうが面倒くさそう・・・
って思っちゃいますよね。

瞳の大きな芸能人って誰がいますかね?
とはいっても最近目が大きいな~とおもう女性芸能人って確実にコンタクト入れていますしね。
前夜の番組で、女の子がすっぴんになるというのがあったんですが、
その時の女の子はほとんどコンタクトを入れてましたね。

その時にきゃりーぱみゅぱみゅさんが「私だったら取れない!」
的なことを言っていましたよね。
イコール・・・入れてるってことなんですが、そりゃそうだ・・・。
コンタクト入れてなかったら不自然ですしね。
別にいいと思います。
可愛く見せてなんぼですし、せっかく芸能人やっているんですし、
テレビ映りも考えれば瞳は大きいほうが良いですよね。

異常なほどに大きなコンタクトも出てきていますが、
じぶんのめの大きさを考えてサイズ選びだけはしたほうが良いと思います。
瞳が大きくでも目の小さい人が多きなコンタクトをしてしまうと、
白眼がなくなってちょっと怖いんですよね。
それはちょっとないんじゃない?と思うので、ほどほどに可愛く見える程度が良いですね。

平らな老眼鏡

ペーパーグラスって知っていますか?
これって老眼鏡だそうです。

根がねってそもそも薄さに挑戦しているものって結構あったそうです。
出来るだけ平らでうすいものを求めていたということですかね?

眼鏡って結構かさばるんですよね。
しかも老眼鏡って近視用眼鏡などと違って、常にかけているわけじゃないですよね。
だからこそ、かさばるのが結構難点なんです。

ペーパーグラスは鼻部分などの突起物などが一切ありません。
まさに平面、平らな老眼鏡となっています。

ペーパーグラスはグッドデザイン賞を受賞しています。
受賞した企業は西村金属という福井県の会社です。

機能的なのはもちろんですが、収納すると2mmしかありm戦。
開くとすごく曲線です。
顔へのフィット感が非常に優しくなっているそうです。

使い勝手もいいですし、本にだっては冷めるということですからすごいですよね。
本を読みつつ、ちょっと休憩する時には挟んでおける・・・
まぁ従来の眼鏡のかさばり方を考えれば信じられないとしか言いようがありません。

すごい高いのかな??と思いつつもそうでもないんですよね。
普通の従来の眼鏡のフレームと同じくらいの価格・・・
というかそれに比べても安いんじゃないかと思います。

ちょっと胸ポケットに入れても全然かさばらないのも嬉しいですよね。
より眼鏡が使いやすくなったのではないかと思います。

ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスが網膜剥離ということで、手術を受けて1月の末頃に退院しました。
網膜はく離と診断されたのは同月の21日でした。
手術が行われたのは24日ということだったんですが、ゲスキャラである村本は「かなりヤバかった」といっていましたよね。
事務所側は大したことないと言っておけ...と言ったらしいですが...網膜剥離ですからね、そりゃヤバいでしょう。

仕事復帰は2月2日でしたが、吉本じゃなかったらもう少し休めてたのかな?という感じもしますが、
最近で始めたばかりですし、そんなこと言っていられなかったんですかね。
復帰の際には村本が意外なほど真面目なコメントをしたということが書かれたりもしましたが、
確かに...とう感じですよね。

網膜剥離は失明の可能性があるのでリアルに危険です。
中川パラダイスに関してもあと4日遅かったら失明とか...怖いとしか言いようがありません。

早めに気付くことはできないのか...となると自覚症状があるんじゃ?と思いますよね?
でも自覚症状があまりないみたいです。
視力低下、視野障害、飛蚊症、光視症、変視症の症状があるそうなんですが、
自覚症状がなくコンタクト連巣の検査などで発覚する人が多いそうです。

目薬が苦手

目薬を点すのが苦手な人って多いですよね。
目の直接当たらないように点すのはわかっているけど...
目薬が出てくるところが見えるのが怖いとか...まぁ色々あると思います。

良く眼がしらに点す人がいますよね。
これってあまり良くないみたいです。
どうしても癖が直らないようなら、自分専用目薬にしないといけません。
家族で使いまわしというのはいけませんね。

目に触らないように目薬をさす場合ですが、視点...みているところは、
目薬が出てくる部分にないほうが良いかもしれません。
それじゃぁ外しちゃうんじゃない?という感じがするかもしれませんが結構大丈夫ですよ。

ただし目薬の点し方は、まず、手を洗います。
とはいっても目薬をさすだけで手を洗う人は少ないかもしれませんね。

そして上と下の瞼を目薬を持っていないほうの手で広げます。
そのままどこにも触れないように、目薬をさします。
でも下の瞼だけでもOKのようです。
あかんべぇ状態にするということですね。
そのまま目薬をさしてもOKです。

点したら1分ほどでしょうか...目を閉じます。
パチパチする人が多いと思いますが、目を閉じるそうです。
しかも手で軽く押さえると効果的だそうです。
その後、あまった目薬があれば、ふき取って完了です。


コンタクトレンズって結構な種類があるんですよね。
カラコンも含めると相当な数になってきますよね。

コンタクトレンズを選ぶ場合どうやって選ぶのか...。
まずコンタクトレンズをもし度入りで購入する場合は、
まずは眼科で視力検査してもらう必要がありますよね。
じゃないと度入りコンタクトレンズって購入できません。

もし度入りではない場合を購入するにしても合う合わないがあります。
何でも一緒でしょ~と思うかもしれませんが、合う合わないがあるんですよ。

そもそも、コンタクトレンズってBCというのがあります。
これが合っていないと目にコンタクトレンズがあってくれないんですよね。
眼球なんて一緒~という感じもするのですが、これがあっていないと目を傷つけてしまう可能性もあるんですよね。

コンタクトレンズを選ぶ場合は、とにかく自分の目を傷つけないものを選ぶ必要があります。

加齢黄斑変性って?

加齢黄斑変性とは目の病気です。

黄斑とは、物を見るときに重要な働きをします。

加齢で徐々にダメージを受けて変化してしまうそうです。

すると視力の低下などが起こってしまいます。

物がゆがんで見えたり、中心が黒く見えたりするそうで、

最悪な場合には失明にいたってしまうこともあるそうです。

 

加齢黄斑変性には、2種類あるそうです。

萎縮型と滲出型というのがあるそうです。

治療はそれぞれ違うそうです。

萎縮型の場合は加齢が原因なので、徐々に視力が低下することはある層でsが、

急にみえなくなるということはないそうです。

しかし、そのまま放置というわけにはいきませんから、定期的に診察してもらう必要があるそうです。

 

滲出型の場合には治療が必要です。

早期発見が理想的だそうで注射などの治療方法があるそうです。

またレーザーを照射する治療方法もあるそうです。

 

 

疲れ目・・・

疲れめきになりませんか?

夜になると目が充血~なんてことはざらです。

毎日長時間パソコンとにらめっこ状態ですから仕方ないといえばそうなんですが・・・

結構きついですよね・・・。

 

疲れ目の原因はいろいろあると思いますがパソコンはもちろんかもしれませんが、

最近ではスマホも原因となるようですね。

スマホ依存症の人って結構多いと思います。

何かと便利ですしゲームもしやすくなりましたよね。

スマホって使っていると本当に時間を忘れてしまいます。

でもこれで目も疲れてるんですよね。

しかも画面も小さいですし・・・なかなか目を酷使しています。

 

目薬をしてもサプリメントをとってもなかなか目の疲れって取れないですよね。

暖かくなるアイマスクなんかは少しすっきりします。

マッサージも効果的といいますよね。

目の疲れはためると良くないことばかりです。

ですから早めに解消しておきたいですね。

 

また目の悪い人の場合にはどのあっていないコンタクトやめがねが原因の場合もあります。

適度にはずすのはもちろんかもしれませんが、定期的に診断するのは大事ですね。

 

 

 

眼鏡派?コンタクト派?

メガネが良いか、コンタクトが良いか・・・。
今まで使用したことがない人はどちらにしようか迷うと思います。
どちらかというと・・・両方持っていたほうが便利です。

眼鏡はどうしても目の疲れがひどいような気がします。
かなり度数が強いほど負担はあると思います。
コンタクトに抵抗がないのであれば、日中はコンタクトにして、
家ではメガネなどにしたほうが無難だと思います。

とは言っても、コンタクトも使い慣れないと抵抗感があると思います。
コンタクトを入れるのはよいけれど、取るのが怖いなんていう人もいると思います。
結局は慣れで、徐々に簡単に外せるようになります。


目が悪いと・・・

目が悪いというのは何かと損です。
良いに越したことはないのですが、目が悪くなってしまうのはある意味仕方のないことでもあります。

目が悪いと、まずお金がかかります。
メガネにしろ、コンタクトにしろ、永遠かかってくる必要経費です。

また極端に目が悪い場合、コンタクトやメガネを外した跡が大変です。
入浴中はコンタクトを外すという人は多いと思います。
もちろんメガネをしたまま入浴することもないと思います。

見えない状態で入浴するというのは非常にいらだちがあることもあります。
まずシャンプーとコンディショナーの区別。
女性に限っては、入浴中にメイクを落とす人もいると思いますが、
どれだけしっかりと落ちているのかわかりづらいという人もいます。

何かと目が悪いと不便なことは多いです。
ですから、それを解消するために最近ではレーシックを受ける人が増えているのだと思います。

このページの上部へ