近視手術・レーシック 一覧

目の整形・・・何気にすごく多いんですよね。
特に女性です。
メスを使わなくても整形できるということもあり、
比較的気軽に成型する女性は増えているんじゃないかと思います。
麻酔はものすごく痛いらしいですが・・・。

さて、いまレーシックは人気があります。
人気があるといっていいのかわかりませんが、眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放された井と思っていた人が多かったという結果かもしれません。

さて、目を整形している場合レーシックは受けられるんでしょうか?
とりあえず、イメージでいうと何も問題はなさそうな気がします。
目の整形といっても瞼をいじっているくらいであれば問題なさそうです。
目頭・目尻切開していても問題なさそうな気がします。

目の整形をしていてもレーシック手術は受けることが可能だそうです。
そもそも、レーシック手術は瞼は関係ありません。
あくまでも眼球であり、角膜を削るという手術となっています。
美容整形で眼球整形なんてありませんしね。
レーシックをして、目の整形が何か悪影響を及ぼすということもないようです。


レーシックをすると何が変わるのか・・・
眼鏡やコンタクトの必要がなくなる・・・これが一番の変化ではないかと思います。
でも、レーシックをすることによっておこる変化・・・。
レーシック 目つきが変わるのでは?と心配している人も多いのではないかと思います。
有名な本田圭祐選手がレーシック 目つきが変わっているという話は有名ですよね。
レーシックで本当に目つきが変わったのかは不明ですが、
そもそもそんなに目つき変わっているんですかね??
あんまり意識して見たことないので何とも言えないですが確かに眼力がすごいとは思います。
でも有名人でレーシックをしたという人はすごく多いですよね。
でも他の人はあまり言われている感じがないので、
単純に眼力が強いってだけなんだと思うんですけどね・・・。


実際には、レーシック 目つきの変化とは関係ないらしいです。
眼鏡やコンタクトが必要なくなったことでめが大きく見えるなんてことはあるらしいんですが、
目つきが変化するということはないそうです。

レーシック手術は病院によって値段が違います。
レーシックの種類にもよるんですが、結構な価格差がある場合もあるんですよね。
一応相場はあるらしいですが、ピンキリと言ってしまえばそうなります。

なんでそんなに価格差があるのか・・・。
レーシックってそもそも自由診療だそうです。
健康保険などの保険適用外となっています。
治療費は病院側が決めているのでそれぞれの病院で差が生じるそうです。

設備面でも費用の差がでてくるそうです。
設備投資が高い、高度な技術の手術を行っている病院では、
レーシックにかかってくる費用は高くなります。

またより良いサービスを提供している病院の場合も、
レーシック手術は高くなるそうです。

また手術費だけを見ていると、なんだかんだで予算オーバーになることもあります。
手術前の診察や術後の診察、手術後の薬代に関しては、
レーシック事態の費用に加えられていない場合があります。
ですから宣伝でこの金額だからこれ以上はかからないってわけではない場合もあります。

レーシックって結構な確率で失敗してるの?
どうなんでしょうかね?
でもちょっと前に、安易にレーシックをしないように的なことが指摘されましたよね。
実際にレーシックって芸能人やスポーツ選手などの有名人が続々と行って、
ブログなどでアップしていたので、ブーム的な感じになっていましたよね。
有名人もやっているならあんしんだと思うでしょうし、
そんな方法があったんだ!と思った人もいたのではないかと思います。

実際に芸能人がレーシックをしました的なことをブログで紹介というのは多いです。
クリニックにも出ていますしね。
でもこれで安易にレーシックして、結局光に弱くなったり、色々なことが起きているそうです。

もちろん手術を受けるクリニックにもよると思います。
すべてのレーシックで手術をして何かあるということではありませんし、
失敗するということもないでしょうが、やはり手術は手術ですから、
しっかりと検査することは大事だと思いますし、わからないことをすべて解消するということは大事でしょうね。

オルソケラトロジーによる近視治療というのがあるんです。
近視治療というか視力矯正と言えばレーシックがありますよね。
レーシックをすると視力回復~という感じなんですが、
まぁ最近はちょっと話題にもなりましたが...。
安易に手術しないでください的な感じでしたよね。
有名人がレーシックしているということでレーシックはすごく人気になりました。
でも副作用...気持ち悪くなるとか、光がまぶしいとか...。
視力を強く矯正してしまったせいでこうした症状が出てしまうんですよね。
適度な感じで矯正するとそんなことはないという話ですよね。

オルソケラトロジーは手術しません。
手術をしないで視力回復していきます。
眼球を矯正するハードコンタクトレンズを付けてそのまま寝ます。
起きたらレンズを外します。

レンズで眼球を矯正するので、光の受け止め方が正しくなるそうです。
これで視力回復を狙っているそうです。
でも、レンズを外すと通常時の状態に戻ってしまいます。
ですから寝る前には装着しなければいけません。

でも寝るときにコンタクトレンズを付けているとゴロゴロしますよね。
ですから、麻酔のような目薬をするそうです。
でもソフトレンズで慣れている人は、ハードレンズのゴロゴロ感はしばらく感じるそうです。
慣れるまでは仕方ないそうです。

手術をしないということなので安心感はありますよね。
しかも、10歳以上であれば受けることができるそうです。
これはかなり魅力的ですよね。


レーシックは視力矯正の手術です。
コンタクトレンズや眼鏡の煩わしさから解放された井という人は、
レーシックに踏み切ることが少なくありません。
しかも有名人もレーシックをしているということで、
気軽に出来る手術という感覚で踏み切る人は少なくありません。

女優さん、タレント、スポーツ選手・・・さまざまな人がレーシックをしています。

しかしレーシックも副作用というかあると言いますね。
ライトに弱くなるとかそういったことなんですが、失明は今のところないようですね。

レーシック手術が失敗したと話題になったのが本田圭祐選手ですね。
サッカー選手ですから確かに目が悪ければレーシックをしたほうが良さそうでうよね。
なぜ失敗という話が出てきたのか?
本人は満足していて後悔もしていないと否定していますよね。
現在も左右の視力は1.5と良好のようですしね。

どこからこんな話が出てきたのあ...というのはどうやらNHKの番組のようですね。
表情から「目の様子がおかしい」とネット上で話題になってしまったそうです。
話題が勝手に独り歩きした感じですね。

手術後はボールがぼやけていたそうですが、レーシックをしてその効果はすぐにあったそうです。
プレイに関しても、ゴール数なんかも増えたそうですね。

レーシックの手術自体には満足している知、スポーツ選手に勧めたいとしていますから、
まぁ簡単にいえばす術失敗はデマというか勘違いだったということですね。

レーシックって」気軽に受けられる手術というイメージないですか?
でもレーシック難民という言葉があるんですね。
難民ですよ...どうイメージしますか?

レーシック難民とは...
レーシックの手術後、眼、体に問題、症状が起こってしまいます。
当然なんとかしたいわけです。
でも適切な治療を受けられないでそのままにしておくことしかできない人を言うそうです。
そんなことあるの?という感じがしますが、
レーシックを受けて光に弱くなるとかそういう話ありますよね。
これもそうなのかもしれません。

なんでこんなことがあるのか...。
手術によって視力が回復して裸眼で遠方が見えるようになればそれで手術は成功!
と考えている医師と患者が多いことが原因となっているようです。
視力がよくなればそれでいいと思ってしまいますがそうではないそうです。

いきなり目が良くなることで、体に負担がかかるということがあるのかもしれませんね。
確かに眼鏡を作ったことがある人であればわかると思いますが、
1.5に合わせるよりも1.0に合わせたほうが楽ってことありますよね。
こうしたこともレーシック難民を生み出す原因となっているそうです。
老眼をなんとかしたい・・・そう思っている方は多いと思います。
細かいものを見るときや本を読むとき老眼鏡をかけていると思いますが、
目も疲れますし、本当だったらかけなくて済むようにしたいですね。

現在老眼治療というのを行っている人は多いです。
特にレーシックの手術をする人は多いのではないかと思います。

品川近視クリニックでももちろん老眼用の手術があります。
レーシックカムラという手術によって老眼を治療することが可能です。


もはや、手軽な手術となってきているレーシック。
受けている人が多いので、なにも怖いものはない・・・とはいきませんよね・・・?

もしレーシック手術を受けるとすれば、やはり怖いという気持ちはあると思います。
目を手術するわけですから、手術している光景が見えるんじゃない?と考えると怖いですね。

目が動いちゃったらどうしようなどの不安もあるでしょうし、
やはり自分が手術することを考えると、不安ですし怖い面もあると思います。

だからこそ、先生の話はよく聞かないといけませんし、
不安なことはとことん相談するようにしないといけないと思います。


関東にはレーシッククリニックはたくさんあります。
しかし、選び方がわからないという人はたくさんいると思います。
値段もクリニックによって違いますし、できれば安いほうが良いですが、
安さだけで決めるのはよくありません。

まず、レーシックを選ぶ場合、まずは関東でレーシックを行っているクリニックを探す必要があります。
できれば自分が行ける距離内のクリニックを探すことになると思います。
関東となるとかなりの量にはなってきますが、インターネットで調べるのが最も効率が良いと思います。

自分が気になるクリニックがあったら、まずは資料請求などをしてみると良いと思います。
そこが気に入ったら、無料カウンセリングを予約したりして、実際にクリニックに行くのが良いかと思います。

比較するクリニックはいくつかあったほうが良いです。
選択肢が多いほど、チェックする手間がありますが、信頼できるクリニックを選ぶためにも手を抜いてはいけないと思います。


このページの上部へ