レーシックは視力矯正の手術です。
コンタクトレンズや眼鏡の煩わしさから解放された井という人は、
レーシックに踏み切ることが少なくありません。
しかも有名人もレーシックをしているということで、
気軽に出来る手術という感覚で踏み切る人は少なくありません。

女優さん、タレント、スポーツ選手・・・さまざまな人がレーシックをしています。

しかしレーシックも副作用というかあると言いますね。
ライトに弱くなるとかそういったことなんですが、失明は今のところないようですね。

レーシック手術が失敗したと話題になったのが本田圭祐選手ですね。
サッカー選手ですから確かに目が悪ければレーシックをしたほうが良さそうでうよね。
なぜ失敗という話が出てきたのか?
本人は満足していて後悔もしていないと否定していますよね。
現在も左右の視力は1.5と良好のようですしね。

どこからこんな話が出てきたのあ...というのはどうやらNHKの番組のようですね。
表情から「目の様子がおかしい」とネット上で話題になってしまったそうです。
話題が勝手に独り歩きした感じですね。

手術後はボールがぼやけていたそうですが、レーシックをしてその効果はすぐにあったそうです。
プレイに関しても、ゴール数なんかも増えたそうですね。

レーシックの手術自体には満足している知、スポーツ選手に勧めたいとしていますから、
まぁ簡単にいえばす術失敗はデマというか勘違いだったということですね。