レーシックって」気軽に受けられる手術というイメージないですか?
でもレーシック難民という言葉があるんですね。
難民ですよ...どうイメージしますか?

レーシック難民とは...
レーシックの手術後、眼、体に問題、症状が起こってしまいます。
当然なんとかしたいわけです。
でも適切な治療を受けられないでそのままにしておくことしかできない人を言うそうです。
そんなことあるの?という感じがしますが、
レーシックを受けて光に弱くなるとかそういう話ありますよね。
これもそうなのかもしれません。

なんでこんなことがあるのか...。
手術によって視力が回復して裸眼で遠方が見えるようになればそれで手術は成功!
と考えている医師と患者が多いことが原因となっているようです。
視力がよくなればそれでいいと思ってしまいますがそうではないそうです。

いきなり目が良くなることで、体に負担がかかるということがあるのかもしれませんね。
確かに眼鏡を作ったことがある人であればわかると思いますが、
1.5に合わせるよりも1.0に合わせたほうが楽ってことありますよね。
こうしたこともレーシック難民を生み出す原因となっているそうです。