加齢黄斑変性とは目の病気です。

黄斑とは、物を見るときに重要な働きをします。

加齢で徐々にダメージを受けて変化してしまうそうです。

すると視力の低下などが起こってしまいます。

物がゆがんで見えたり、中心が黒く見えたりするそうで、

最悪な場合には失明にいたってしまうこともあるそうです。

 

加齢黄斑変性には、2種類あるそうです。

萎縮型と滲出型というのがあるそうです。

治療はそれぞれ違うそうです。

萎縮型の場合は加齢が原因なので、徐々に視力が低下することはある層でsが、

急にみえなくなるということはないそうです。

しかし、そのまま放置というわけにはいきませんから、定期的に診察してもらう必要があるそうです。

 

滲出型の場合には治療が必要です。

早期発見が理想的だそうで注射などの治療方法があるそうです。

またレーザーを照射する治療方法もあるそうです。