目が悪いというのは何かと損です。
良いに越したことはないのですが、目が悪くなってしまうのはある意味仕方のないことでもあります。

目が悪いと、まずお金がかかります。
メガネにしろ、コンタクトにしろ、永遠かかってくる必要経費です。

また極端に目が悪い場合、コンタクトやメガネを外した跡が大変です。
入浴中はコンタクトを外すという人は多いと思います。
もちろんメガネをしたまま入浴することもないと思います。

見えない状態で入浴するというのは非常にいらだちがあることもあります。
まずシャンプーとコンディショナーの区別。
女性に限っては、入浴中にメイクを落とす人もいると思いますが、
どれだけしっかりと落ちているのかわかりづらいという人もいます。

何かと目が悪いと不便なことは多いです。
ですから、それを解消するために最近ではレーシックを受ける人が増えているのだと思います。