目が悪い場合、選択肢はいくつかあります。

まずメガネだけ購入する場合。
目の疲れは非常にありますが、一番手っ取り早い手段ではあると思います。

そして、コンタクトレンズ。
これは慣れてしまえば誰でも使いこなせます。
しかし、毎日使用時間を守って、寝るときは外す。
もちろんケアもしっかりとしなければなりません。
使い捨てなら試用期間も守るというのが目にとっては必要です。

しかし、コンタクトレンズの場合は外している時が不便です。
ですからコンタクトレンズ+メガネという人は少なくないのではないでしょうか?

そして、レーシックという手段もあります。
手術ということにはなりますが、矯正後は何もいりません。
今までメガネやコンタクトに頼ってきたという人は「レーシックをしてよかった」という人が少なくありません。