近視や乱視等の屈折以上を矯正する手術です。
最近ではこの手術を受ける人も沢山いて、芸能人等有名な人もレーシックを受けています。

手術とは言いますが費用はそこまで高くはなく、保険に入っていれば手術費用が出る場合も有ります。
コンタクトを永遠にし続けるよりも明らかにこちらの方が経済的とも言えます。

しかし、一般的になってきたレーシック手術にも副作用がある場合があると言います。
まず、まぶしく感じてしまうことがある。
夜はとくに感じやすい人がいるようですが光がまぶしくてにじんでいるような感じがする症状です。
この症状は、ある程度は落ち着くこともあるという人もいますが、治らないと言われています。

またドライアイになってしまうこともあるそうです。
1年くらいは続くこともあるようですが、なる人とならない人がいます。
しかし、なりやすい状態ではあるようです。
ドライアイになっても段々と症状はなくなっていくと言います。

他には視力低下や、角膜の変形...さまざまな事が考えられるそうです。
ですからレーシックを受ける際には信用のおけるクリニックを選ぶようにしましょう。