レーシック 視力

レーシック大国アメリカではNASAと国防省が認可

裸眼視力の重要性を感じている人は、少なくないと思われます。
2011年の東日本大震災では、多くの被災者が メガネやコンタクトレンズを流され ご苦労されました。また、現地で救援活動をされた自衛隊員や消防団の方々も、粉塵や泥水の中での活動に不便さを体験されています。

 

コンタクトレンズは、清潔な水があり 洗浄や殺菌ができてはじめて安全に使うことができる矯正器具です。日本は地震の多い国ですから、いざという時の安全や安心を高めるものとして 裸眼視力の向上は重要と言えます。その点において、レーシックは、心強く頼もしい医療と言えるでしょう。

 

なお、アメリカでは レーシックの信頼度と完成度が認められ、NASAと国防省が認可しています。そして、アメリカの兵士は 国費でレーシックを受けることができるようになっています。兵士の安全を高め 能力を最大限に発揮するために ヘルメットやゴーグルは欠かせませんが、同じように 裸眼視力の向上も重要と考えられているからです。

 

日本の防衛省ではまだ認可されていませんが、現在 討議されていうようです。