レーシックの合併症

レーシックに限らずどんな手術でも100%安全であることはありえません

レーシック手術後に 少ないが稀に起こる問題が、フラップの異常,イングロース(上皮細胞迷入),上皮欠損です。

 

レーシック手術ではまず、フラップと呼ばれる 0.1mmほどの非常に薄いフタとなる部分を作成します。ただ、稀に、きれいなフラップができずに欠損してしまったり 取れてしまうことが起こります。そうなってしまった時には 手術を中断し、3カ月程度おいてから手術をやり直します。

 

また、手術後に フラップが定着する前に 目に何かしらの力が加わり、フラップがずれたり シワが寄ってしまうこともあります。すぐに適切な処置をすれば問題ありませんが、放置しておくと元に戻らなくなる恐れがあります。

 

イングロースとは、上皮細胞がフラップの下に入り込んでしまい 増殖してしまう症状です。軽度なら大きな問題はなく、経過観察となります。視力に影響するようであれば、フラップの下を洗浄します。ほとんどは洗浄で解消しますが、非常に稀に 洗浄しても再発するケースもあります。

 

角膜の上皮の一部分が欠損してしまうことがありますが、ほとんどの場合 点眼で治ります。また、しばらくの間、保護用コンタクトレンズを装着するのもいいです。

 

 

また、レーシック手術後に 非常に少ないがごく稀に起こりうる問題が、不正乱視,角膜感染症,DLKなどの炎症,角膜拡張(エクタジア),羞明症,ステロイド緑内障です。

 

不正乱視は、フラップが正しく作成されなかったり レーザーの照射がずれることで起こります。また、術前にコンタクトレンズを定められた期間きちんと外さなかった場合にも、乱視が発生することがあります。状態にもよりますが、再手術で治すことも可能です。

 

角膜が菌やウイルスに感染すると、目の痛みや充血があったり ゴロゴロしたり 涙が出たりします。悪化すると、角膜が白く濁ってきます。早期の適切な対処が大切で、点眼などで治療します。

 

稀ですが、フラップの下に炎症が起こることがあります。視力に影響を及ぼす恐れがあるので早期治療が大切ですが、ほとんどは点眼薬や内服薬で治ります。

 

角膜拡張は、円錐角膜という 角膜が薄くなる病気を見逃して手術した場合に起こります。また、角膜の安全な厚みを残さずに無理な矯正をしてしまうことも原因です。

 

羞明症は、手術後に眩しさを感じるという症状です。イントラレースレーシックが登場したばかりの頃に見られました。

 

ステロイド緑内障は、手術後に炎症を抑える目的で使用するステロイドの目薬が原因で発症する緑内障です。通常の点眼ではさほど心配はいりませんが、炎症,長期のステロイド使用,増量,強い薬の服用の際には注意が必要です。