レーシック 眼科

レーザーは目の表層だけに作用

レーシックは、角膜という0.5mmの薄い透明な膜にレーザーを照射し 角膜のカーブを整える手術です。つまり、角膜を削ることで、近視や乱視を治すわけです。そして、こうした レーザーを用いた治療であったり、病気の治療とは少し違った感覚であることから、レーシックを美容医療の一種と思われている方もいることでしょう。

 

しかし、近視や遠視や乱視の矯正を行う屈折矯正方法として、レーシックは メガネやコンタクトレンズとともに眼科医療でも認められています。実際 日本眼科学会では、ガイドラインを定めていますし、毎年開催される総会でも 屈折矯正手術に関するプログラムや教育コースも組まれています。

 

レーシックは、れっきとした眼科医療というわけです。そして、極薄の角膜を削って正確に矯正できるようになった背景として、レーザー技術の進歩があるのは言うまでもありません。また、レーザー照射を精巧に行えるコンピューター制御の発展もあります。

 

 

近年 医療には、さまざまな種類のレーザーが用いられており、レーシックも その一つです。レーシック手術では、エキシマレーザーとフェムトセカンドレーザーという2種類のレーザーが使用されています。それぞれに特性があります。

 

エキシマレーザーは、熱を持たないコールドレーザーで、波長も短いです。そのため、熱による変性を起こさず、また 角膜のコラーゲンが結合している部分を切断することでエネルギーが消滅します。

 

つまり、目の中には届かず、角膜の表層部だけに作用するということです。そうしたことから、角膜の治療に適しており、もともとは 角膜の病気で角膜に濁りが生じたときに その部分だけを切除する治療に用いられていました。そして、それを近視などの治療に応用したのが、レーシックやPRKというわけです。

 

フェムトセカンドレーザーは、フェムト秒 つまり千兆分の一という非常に短い時間にエネルギーを圧縮して発光するレーザーです。精密な穴をあけるといった操作が可能で、半導体光学などに応用されています。もちろん、医療においても、メスに変わって角膜に微細な切開を行うなど、活躍が期待されています。そして、レーシック手術では、フラップという蓋を作るのに用います。